造船会社求人サイトランキング【※造船業界の転職情報】

造船会社への転職には転職サイトが有利!

日本の造船技術は世界的にみてもトップクラスであり活気のある業界です。専門的な技術や知識を要する仕事なので大きなやりがいも得られる人気の業界です。

リクルートエージェントなどの転職サイトに登録しておけば、造船会社の求人を見逃すことなくチャンスを得られます。キャリアアドバイザーが的確にアドバイスしてくれるのも頼もしいですね。

造船関連企業の求人はこの3サイトで間違いなし!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
全国の造船関係の求人がリアルタイムで紹介されるので幅広い候補から選択できる
■未経験の人でも造船関係で働ける求人を簡単に調べることができる
■仕事で忙しくても土日にも対応を行なっているので、安心してサービスを利用する事が出来る
■高収入が期待できる一部上場企業や優良案件の造船関係の求人を見つけやすい
管理している求人情報数が業界でトップクラスなので、気になる仕事が高確率で見つかる
■転職活動のサポートはコンサルタントの知識から転職者の事例から的確にアドバイスしてもらえる
■非公開求人で有利な条件から造船関係への転職活動を進められる
■業界に精通しており、経験が豊富なアドバイザーが正確なサポートをしてくれるので安心



マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■造船関係の求人が多数掲載されているので、選択を広く持てる
最新の造船関係の求人情報から応募できるので採用される可能性が高い
過去には有名企業への転職が成功している事例もあるので信頼して任せる事が出来る
■幅広い業界と精通している経験豊富なキャリアコンサルタントが的確なアドバイスをくれるので安心
造船関係で採用に成功するためのノウハウなどのアドバイスを受けられる
全国の各造船会社の求人情報をチェックできるので可能性を広げられる
■ここにしかない求人情報をチェック出来るので、優良求人情報が残っている可能性が高い
■面接の応対や履歴書の記入等、不安な部分の対策はしっかりと行なうので安心して転職活動を行なえる



DODA 無料 全国 ★★★★ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
造船関係の転職情報が豊富なので、採用の可能性が広い
■造船関係未経験の人でも転職が可能な情報が数多く掲載されている
■職務経歴書や面接対策のノウハウを提供してくれるので安心して転職する為の準備を整えられる
非公開求人までチェックする事が出来るので、今までには無かった優良求人もチェック出来る
■造船関連に生かせるスキルやキャリアなどを細かくサポートしてくれる
過去の事例で有名な企業への転職も成功しているので信頼してサポートを任せる事が出来る
■造船について、知識が無い人も準備をしやすい環境になっている
■業界と精通しており経験豊富なキャリアコンサルタントがサポートしてくれるので安心



造船会社の求人動向

日本の造船業界はかっては世界でも最大規模を誇っていましたが、韓国や中国の造船会社との価格競争に敗れ一時は倒産やリストラが相次ぎました。韓国の造船業界の建造量はつい最近までは世界トップでしたが、韓国の造船業界はウォン高もあり、受注量が大きく落ち込みトップの座から3位にランクを下げています。韓国に代わってトップの座に就いたのは中国の造船業で、世界の造船業のシェアは50%弱で2位の日本の25%程度の2倍近くあります。

日本の造船業は2012年12月に行われた総選挙までは円高傾向が続き日本の造船業界は苦戦を強いられていました。世界の造船業界は多くが海外からの受注で、さらにアメリカのドルやヨーロッパのユーロでの決済なので外国為替の影響を大きく受けます。日本は総選挙で民主党から自民党に政権が変わるまで、円高ドル安だったので価格競争で苦戦が続いていたのです。しかし日本の造船技術は世界でもトップクラスで品質だけでなく、船の納期やアフターサービスなどの点でも勝っていました。そのため円高傾向から円安傾向へと変動すると、日本の造船業界は息を吹き返し始めたのです。

日本の造船会社の最新の求人動向ですが三井造船や川崎重工業や三菱重工業などの財閥系の造船会社では、これまでの利益が低いバラ積み船の受注は減少し利益率が高い船舶を中心に受注を行っています。そのため景気回復の兆しが見え始めても、求人はさほど目立っていません。日本の造船のランキングでもこれらの財閥系の造船会社ではなく今治造船グループがトップで、2位のジャパンマリンユナイテッドや3位の大島造船所などむしろ他の造船会社の求人が活況を帯びています。

もし造船会社の求人に興味がある方はこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントのような転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が気になる造船会社の最新の求人動向を教えてくれ、希望するような条件の造船会社の求人の紹介も気軽にしてくれます。円安傾向が追い風となり業績を大きく伸ばしている、造船業界への転職は今がチャンスだと言えます。(2015年・6月)


Copyright (C) 2014 - 2017 造船会社求人サイトランキング All Rights Reserved.